2017年8月12日土曜日

「ジャコメッティ展」で凍える

猛暑から一転、急に秋のような涼しさです。気にかかっていた国立新美術館で開催中の「ジャコメッティ展」に行ってきました。

あの細長い針金のような人物像は、自分の目に映った対象の本質を表現しようと、上辺(虚飾?)を極限まで削ぎ落した結果行き着いた形のようです。ほんの2、3センチから数メートルもあるものまで、どの人物像も見るものに迫ってくる何かがあります。
撮影OKの展示室があったので、数枚撮ってみました。



それにしても展示室の寒かったこと!震えそうでした。去年、横浜へ「メアリー・カサット展」を見に行った時も、友達と「凍死しそうだ」と駆け出すように見たことを思い出しました。今回、入り口でブランケットを貸し出していたので、主催者側も寒さについては承知しているのでしょう。作品の保護の為でしょうか?それにしても冷房が効き過ぎてい
るように感じたのですが....。


2017年8月7日月曜日

足利市の花火大会へ

このところの不順な天候で心身共に湿りがちでしたが、こんな時には花火が一番と、土曜日に、足利市の大会に出かけてきました。100年以上続く伝統ある大会です。

渡良瀬川の河川敷は広々と遮るものがなく、大きな空に次々に打ち上げられる豪快な花火に観衆は拍手喝さいで答えていました。
面白かったのは、大会の構成が協賛会社間のコンテストになっていたことです。先ず、仕掛け花火で会社名が告げられ、その後各社の花火師が腕に撚りをかけた花火が披露されるという仕組み。地元の会社もあれば、全国区のメーカーの参加もありました。




2万発の打ち上げ花火。最後に幅数百メートルのナイアガラが流れ落ち、この夏の足利の大会は幕を閉じました。また来年も来たいと思うほど素晴らしかったです!